【神絵師への第1歩】パソコン不要で使える液タブまとめ

イラスト・アニメ
ひよこさん
ひよこさん

液タブ使いたいけど、パソコン買うのは高いな。

スマホで使える液タブって何があるんだろう?

こんな悩みにお答えします。

 

デジタルイラストに憧れるけど、パソコンと液タブを揃えるのはお金がかかりすぎますよね。

「値段が高すぎて、買えない!」

って人も多いかと思います。 

そんな人にはスマホに繋いで使える液タブ・板タブ』がオススメです。

パソコンを購入する必要が無いので、値段を抑えつつデジタルイラストを始めることができますよ! 

 

この記事ではこんなことが分かります。

・パソコン不要でお絵かきする方法
・iPhoneユーザーはiPadがオススメ

・スマホに繋いで使える液タブ3選
・スマホに繋いで使える板タブ1選

自分にあった液タブを手に入れて、憧れの神絵師さんに近づいちゃいましょう!

 

それでは、どうぞ!

ひよこさん
ひよこさん

パソコン不要で使える液タブを早く知りたい!って人は目次から飛んでみてね。

スポンサーリンク

パソコン不要でお絵かきする方法

パソコン不要でお絵描きできる商品は、大きく分けて3つあります。

・iPad(タブレット)
・スマホに繋いで使える液タブ・板タブ
・タブレットPC(液タブ機能のついたPC)

 

この中でオススメなのは

・iPad
・スマホに繋いで使える液タブ・板タブ

です。

 

タブレットPCはおすすめ出来ません。

なぜなら、タブレットPCは

値段が高いから!

ひよこさん
ひよこさん

タブレットPCは、安いものでも10万円以上するよ。

タブレットPCは、PCと液タブが一体化したタブレットです。

液タブというよりは、画面に直接絵が描けるパソコンといった感じですね。

 

「パソコンと液タブがセットになってるから、お得じゃん!」

 

と思われている方がいますが

結局、値段相応のスペックのパソコン+液タブの機能しかついていません。

それなら、同じ値段で『パソコン』、『液タブ』を別で買った方が良いと思います。

ひよこさん
ひよこさん

どうしても外でパソコン機能(OS搭載)のついたタブレットを使いたい人向けの商品だね。

 

iPhoneユーザーならiPadがおすすめ

まず、前提としてスマホ接続型の液タブはiPhoneでは使えません

 

液タブや板タブと接続できるのは『アンドロイド』のスマホだけ

なので、iPhoneユーザーがパソコン不要でイラストを始めるならiPadを選ぶ必要があります。

 

iPadでお絵かきをする場合

・iPad (第8世代):38,280円(税込)
・Apple Pencil (第1世代):11,880円(税込)

これが最も安く買える組み合わせです。

※現在、iPad第8世代は在庫切れです。

 

iPadはPad Air、iPad Proなどの種類に加え、第○世代といったように幅広い選択肢があります。

『絵を描く』という目的であれば、iPadシリーズの中で最も安いiPad(第8世代)でいいかと思います。

 

「もっと詳しくiPadの選び方を知りたい!」

という人は、下の記事が参考になります。

 

プロのイラストレーターの中にはiPadで仕事をしている人もいるので、iPadでも十分イラストを楽しむことが出来ますよ。

 

スマホで使える液タブ・板タブ

続いて、スマホに繋いで使える液タブ・板タブを紹介していきます。

 

それぞれの特徴は以下の通り。

・液タブ:液晶画面に絵が映る。初心者でも使いやすい。
・板タブ:板に絵が映らず、スマホを見ながら絵を描く。慣れが必要。

種類別に、おすすめ商品を見ていきましょう!

 

スマホに繋いで使える液タブ ベスト3

スマホに接続して使えるおすすめ液タブはこちら!

 

第1位:HUION Kamvas12:¥27,599(税込)

HUION(フイオン)から、2020年12月に初の日本限定版 液タブとして発売された『HUION Kamvas12 豪華版』です。

値段が2万円台と安いのに性能がめちゃくちゃ良いが特徴です。

あと、パッケージがお洒落。

この液タブはAndroidスマホに接続して使用することができます。(一部の機種対応)

画面サイズが12インチでコンパクトですが、持ち運びがしやすく好きな場所でイラストが描けますよ!

■液タブ接続が可能なモデル(Android)

『ファーウェイ』『サムスン』のスマホに対応しています。

上のモデル以外のスマホには接続できないので、購入の際にはよく確認してください。

▶この液タブについて別の記事で詳しく説明しています

 

\Kamvas12はこちら/

 

第2位:HUION Kamvas15.6インチ:¥44,999(税込)

こちらもHUIONから、2021年にリニューアルされた『HUION Kamvas15.6インチ 』です。

画面が15.6インチと大きいので、絵が見やすくストレスなくデジタルイラストが楽しめます。

角度調整が可能なスタンドもついており、下を見続けて描く必要が無いため肩凝りや首の疲れを気にすることなく絵が描けますよ。

この液タブもAndroidスマホに接続して使用することができます。(一部の機種対応)

ご自身のスマホに対応しているか、よく確認してくださいね。

 

■液タブ接続が可能なモデル(Android)

 ■対応できるスマホの型番

1.HUAWEI(ファーウェイ)
P20/P20Pro/P20RS/P30/P30Pro/Mate 10/10Pro/Mate 20/20Pro/20X/Mate 30/30Pro/HONOR/Note 10/V20
2.SAMSUNG(サムスン)
Galaxy Note 10/10+/Galaxy Note 9/Galaxy Note 8/Galaxy S10/S10+/Galaxy S9/S9+/Galaxy S8/S8+/Galaxy Tab S4/Galaxy Tab S5e/Galaxy Tab S6

 

\Kamvas15.6はこちら/

 

 

第3位:Wacom One 13 :¥39,800(税込)

日本の老舗メーカーであるWacom(ワコム)の『Wacom One 13』です。

液タブのシェア率の約80%がワコムと言われるぐらいの人気を誇ります。

※近年は他のメーカーの性能が上がってきたこともあり、シェア率は下がっていると思いますが。

日本製という事もあり、非常に性能が良く壊れにくいことが特徴です。

これ1台買えば、故障に悩まされること無くデジタルイラストを楽しむことができますよ!

サイズは13インチとすこし小さめでが、スマホ画面よりは大きいので描きやすくなると思います。

 ■対応できるスマホの型番(ワコムが動作確認済み)

1.HUAWEI(ファーウェイ)
P20Pro/P30/P40/Mate 10Pro/Mate 20Pro/Mate 30Pro/Mate Xs/Honor V20/Note 10/Honor 30 Pro/Honor Note 10

2.SAMSUNG(サムスン)
Galaxy Note 10/10+/Galaxy Note 9/Galaxy Note 8/Galaxy S10+/Galaxy S8/ Galaxy Note 20 Ultra /Galaxy Note20 /Galaxy S20/ Galaxy S20+/Galaxy Tab S6 /Galaxy Tab S7/Nut R2

 

\Wacom One 13はこちら/

 

液タブの選び方

 記事で紹介した液タブ

Kamvas12インチ :画面は小さくてもいいから、安く買いたい人
Wacom One 13:日本製の商品でサポートを充実させたい人
Kamvas 15.6インチ:大きな画面で豪快に絵を描きたい人

以上が、スマホに接続可能な液タブでした。

どれも2万~5万ほどかかりますが、パソコンやiPadなどを揃えるよりはかなりお得(5万円くらい差が出ます)にデジタルイラストへ挑戦できますよ!

ひよこさん
ひよこさん

液タブを購入して、憧れの絵師さんに近づいちゃおう!

 

スマホに繋いで使える板タブ

スマホに接続して使えるおすすめ板タブはこちら!

 

【XP-Pen】Deco01 V2 ¥6,500(税込)

XP-Penから発売されている『Deco01 V2』です。

この商品の最大のポイントは、商品を購入したらペイントソフトを無料で貰えます!

有料でペイントソフトを購入する必要が無いので、浮いたお金で他の道具を買えちゃいます。

【ペイントソフト取得方法】
ステップ1:XP-Penホームページを登録

ステップ2:サポートボタンをクリック

ステップ3:購入特典ボタンをクリック

ステップ4:『openCanvas』か『ArtRage』を取得
※2つのソフトのうち1つ選べます。

値段も液タブよりかなり安いので、初心者の方にもオススメ。

この板タブはAndroid6.0以降のスマホ・携帯に対応です。

ほぼ全てのスマホに対応しています。

 

※注意点:板タブは画面とペン先が離れているので、慣れるまで時間がかかります。『初めから上手に板タブで描ける人はいない』と思ってください。

 

\XP-Pen Deco01 V2をみてみる

 

まとめ|デジタルイラストを始めよう!

この記事ではパソコン不要でお絵かきする方法をご紹介しました。

 

今回紹介した内容をまとめるとこんな感じ。

iPhoneユーザーiPad
android(サムスン・ファーウェイ)iPad・液タブ
上記以外のandroidiPad・板タブ

 

どれも持ち運びが簡単で、どこでも絵を楽しむことが出来ます。

ちょっとした空き時間にイラストを楽しめるので、どんどん絵を描いて上達していきましょう!

 

ひよこさん
ひよこさん

デジタルイラストとても楽しいから、ぜひチャレンジしてみてね!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、また!

 

タイトルとURLをコピーしました