【プロ絵師も愛用】黒ペン「サクラクレパス ピグマ」をレビュー!

イラスト・アニメ

 

――プロも愛用する

この響きだけでもう、欲しくなる

 

今日は、多くのイラストレーターから愛されているミリペン”ピグマ”のレビューです

※ミリペンとは、ペンの太さがmm単位のペンのことである

 

こちらのペンは、日本のみならず海外でも人気の高い商品となっています

値段が1本200円と安いのも嬉しい

 

見た目が、かっこいい

 

躍る スタイリッシュなデザイン

 

濃い青色のボディに金色のキャップが特徴的

シンプルなデザインながらも、どこか気品と高級感が漂います

 

 

 

ビシッと決めた、スーツの内ポケットから出てきても違和感ないかも。

手触りはツルツルです

 

々な太さに対応 ミリペン

 

ピグマの特徴の一つは、その豊富な線幅の種類です

線幅は0.05~0.8mmと幅広く、様々な場面で使い分けることができます

わたしのお気に入りは0.4mm。文字。イラスト。どんな場面で使ってもしっくりきます

 

界初 水性顔料サインペン

 

普通の水性インキは耐水性、耐光性はありません

ピグマは、顔料インキを採用することで、水性でありながらも、“耐水性”を実現しています

 

持ちのいい 描き心地

 

画用紙との相性が非常にいいです

さらさらとインクが紙に落ちていきます

鉛筆で軽く下書きをした後に、上から清書しましたが、色がきれいに乗っています

細いペンにもかかわらず、インクの出がわるいといったこともありません

 

心でイラストを楽しむ

 

わたしの好きな、松村上久郎先生の作品を書いてみました

何も考えず、一心不乱に描きましたが、時間を忘れて書き続けることができました

 

とても、楽しい…

 

きれいなイラスト、文字を書きたい方。

一度、使ってみてはいかがでしょう

 

――ようこそ、沼の入口へ

タイトルとURLをコピーしました