楽天モバイルOPPO A73の感想・レビュー|使い勝手を徹底解説

レビュー
ひよこさん
ひよこさん

OPPO A73の使い心地はどうなんだろ。

こんな疑問にお答えします。

 

楽天モバイルの1年無料キャンペーンにまんまとハマり、携帯を楽天モバイルに乗り換えました。

私が乗り換えた時はちょうど1年無料キャンペーンの終わりがけの時期だったこともあり、実質0円のスマホは全て完売。

そんな中、在庫があったのが『OPPO A73』というスマホ。

 

もう……コレにするしかねえ!!

とポチりました。

 

この記事では、実際にOPPO A73を約半年ほど使用した感想と本音レビューをご紹介します。

メリット・デメリットについて包み隠さずご紹介しますので、『OPPO A73』を買おうか悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

 

それでは、どうぞ!

 

スポンサーリンク

今ならOPPO A73は実質1円!私の購入時は5000円(泣)

出典:楽天モバイル公式HP

2021年、携帯大手キャリアが一斉に料金プランの見直しを行いました。

 

(なぜか全社が同じような料金。不思議だね~)

 

なんて思いつつ、3000円以内でデータ使いたい放題の魅力的なプランに心が躍ります。

 

格安SIMのワイモバイルを使っていましたが、大手キャリアに乗り換えるか、かなり悩みましたね。

 

しかし、そんな戦国時代にひときわ異彩を放つスーパープランが誕生。

それが

楽天モバイル

だったんです。

 

楽天モバイルのプランをざっくり説明すると

・データ使用料によって、料金が変動。
・1GBまでは0円
・20GB以上使うヘビーユーザーでも最大2980円(他の会社とほぼ同じ)
1年間の利用料金が0円!(現在は3ヵ月0円です。)
出典:楽天モバイル

 

これだ…

正解は

これだっ!!

 

と鼻息荒く乗り換えを決意。

 

しかし、楽天モバイルの1年無料キャンペーンが終わりがけだったこともあり

実施0円で購入できるスマホは完売でした。

 

仕方ないので、在庫のある中で最も安い

『OPPO A73』

を購入。

 

当時の値段は30,800円。

そこに25,000ポイントが戻ってきて、実質5,000円でした。

 

そこから、約半年後の現在。

コチラの商品

本体価格 25,001円(税込)

で、

25,000ポイント還元!!

実質1円!!!

(すごーーい。)

 

私は、なぜ5000円も払ったのでしょうか。

不思議です。

 

OPPO A73をレビュー

ほのかな光沢を感じさせるスタイリッシュな箱に詰められ到着。

ファーストコンタクトは上々です。

高級感のある箱に分かりやすくテンションが上がります

 

背面の質感がレザー風でオシャレ

箱を開けると中からスマホが登場。

嬉しいのは背面のデザイン

レザーの質感

を感じさせる作りになっています。

センスいいなー。

というのが、率直な感想です。

 

画像はきれいに撮れるが、動画は微妙

カメラは、

超広角レンズを搭載した4眼カメラ

カメラの性能には、かなり力が入っています。

私は、カメラに詳しくないのですが

『写真は綺麗に撮れる』

という印象です。

 

ただ、動画は残念

動画を撮影すると途中で色が変わるんですね

明るくなったり、暗くなったり。なんか不自然な感じになってしまいます。

設定の問題かもですが、動画をきれいに撮りたい人にはオススメしません。

 

写真の加工がしやすい

OPPO A73の良い点は、写真の編集方法が豊富にあることです。

標準装備として

・トリミング
・調節
・フィルター
・テキストの挿入
・モザイク
・ぼかし
・消しゴム

などなど、様々な事が出来ます。

 

この中でも、特に”モザイク”、”ぼかし”は使い勝手がいい!

SNSに写真を上げたいけど、顔バレしたくない人は非常に重宝するんじゃないでしょうか。

 

それでは早速、私のドヤ顔にモザイクをかけてみます。

いい感じです。指名手配の一歩手前といった雰囲気が出てますね。

 

続いて、背景にぼかしを入れていきます。

 

人物はぼかしたくないので、サークルの中に人物を入れます。

背景をぼかすことが出来ました。

素人感のある写真が、グッとこじゃれた写真になった気がします。

…そうでも、ないか。

 

OPPO A73の外観

ディスプレイ画面から向かって左側に音量ボタン。

右側には電源ボタンがついています。

左側:音量ボタン

 

充電器のタイプは『USB Type-C』

付属品として、ケーブルが付いてきます。

『OPPO A73』は

急速充電対応バッテリー

が搭載されており、短時間での充電が可能です。

 

私のように、こまめな充電が面倒なズボラ人間には嬉しい。

朝のちょっとした時間に充電しておけば、サクッと充電してくれるので

とってもありがたいですね。

 

ただし、ワイヤレス充電には対応していません。

有線のみしか使えないので、ワイヤレス充電を使いたい人には向かないですね。

 

画面が大きく使いやすい

近年、スマホのコンパクト化が進んでいる気がしていますが

『OPPO A73』は真逆をいきます。

画面が大きい

 

 

もともと使っていたiPhone8と並べてみます。

・左:OPPO A73
・右:iPhone8

画面の大きさはOPPO A73の圧倒的勝利。

1.5倍ぐらい大きい気がします。

画面が大きい分、文字や画像も大きく表示されるため

めちゃくちゃ見やすい

 

OPPO A73を使った後にiPhone8の文字をみたら

小さすぎて目が痛くなりました。

 

重量も約160gでそんなに重くなく、持ち運びも楽ちんです。

※iPhone8の重量は約150g

 

付属品

付属品として、

・ACアダプタ(最大18W)
・USB-C ケーブル
・クイックガイド
・説明書
・クリアケース
・オープンイヤー型イヤホン

が付いてきます。

全体的に白色で統一されておりシンプルなデザインです。

 

画面フィルムは初めから貼られている状態。

毎回、フィルムを張るときに気泡とバチバチに戦っていましたので

 

はじめからフィルムが貼ってあるとか、ありがたやー。

OPPO A73のデメリット

『OPPO A73』のデメリットを紹介します。

 

フリック入力の反応が悪い(気がする)

まずこれ。

フリック入力の反応速度が悪い気がします。

iPhoneの場合、シャッ!シャッ!と動くのに対し

OPPO A73はヌンッ!って感じ。

0.5テンポゆっくり動く感じですね。

 

だんだんと慣れてはきますが

最初は使いにくいと感じるかなと思います。

 

スマホをよく使うヘビーユーザーさんの場合、入力の反応が悪いと結構ストレスになるかもしれませんね。

 

画面が大きいため、片手での操作が難しい

画面が大きいのがメリットである反面

片手操作しにくいというデメリットにもなります。

 

文字を打つ時は、端の方まで指が届かない…

 

女性の方は両手で扱う必要があると思います。

男性でもキツイと思う。

 

まとめ|スマホのヘビーユーザーには向かないかも

以上、楽天モバイルの『OPPO A73』についてご紹介しました。

 

25,000円という値段の割には、品質はイマイチかなという印象です。

ただ、ポイント還元で実質1円で使える事を考えると

悪くない

のかな、と思います。

 

私自身は、そんなにスマホを触る方じゃないので『OPPO A73』で満足しています。

ただ、めちゃくちゃスマホを使う

スマホヘビーユーザーさんには少し使いにくい商品な気がします。

(文字の入力しにくいし…)

 

とりあえず、3ヶ月の無料期間をお試しで使ってみて

その後、操作性が合わなければ変えるのも手かなと思います。(実質1円なので)

解約手数料、乗り換え手数料、その他事務手数料が全て0円なので、もしよければ試してみて下さいね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、また!

タイトルとURLをコピーしました