【男性以外は覗かないで下さい】彼女(奥さん)と買い物すると、悟りを開きがちな件

ボケて記事

こんにちは、おはやです!!

わたし。真理の扉ひらいちゃいました

スポンサーリンク

ひとつの疑問

さて、私はあれこれ20数年、男性をしているのですが

ひとつ不思議でならないことが、あるんです

 

世の中の女性って買い物長すぎません??

 

いや、これは批判しているわけではないんです

しっかりと、自分の欲しいものを見極める姿勢も

自分の価値観をもとに取捨選択を繰り替えす行動も

とても素晴らしいと思います

 

”面倒だから、白Tシャツとジーパンでいいや。”

なんて言っている私より、よっぽど素晴らしいです

なんなら、筋肉あればシャツいらなくない?まできてますからね

普通に捕まりますからね

 

でも。

だとしても。

長すぎません??

その先にあるのは

はじめは男も頑張ります

だって、機嫌を損ねたら大変ですから

財布のひもを奥さんが握ってる家庭では、その傾向はより顕著に現れると

アメリカの学会で発表されているとか、いないとか

 

そして、頑張る男性に突き付けられる試練

究極の空気読み能力を試される

”これとこれ、どっちがいい?”

(※この質問に関しては、女性の中で答えが決まっているといった説が有力である)

が飛んでくるわけです

オハヤ
オハヤ

どっちも似合うよ★

(どっちでもいいので、早くしてね★)

買い物の中盤でありながら、生死を分ける選択を突き付けられるわけですね

ここでの選択を誤ると、それまでの作ってきた笑顔は水の泡となります

さながら、爆弾処理班のように青、赤どちらの線を切るか?といった状況に追い込まれます

コナン世代のわたしなどは

”バーロ。赤い糸なんて、きれるわけねぇじゃねえか。”

みたいなノリで赤の反対を選びますが、だいたい爆発しますね

 

そして、何度かの試練を間違えたのち

男のもとに戦力外通告が配られます

そうして、笑顔とバーロ。のやり場を失った男は、お店の前に佇むことになるわけです

 

皆さん、お気づきでしたか?

お店の外で待つ男性

あれは、彼女、奥さんを持つ勝ち組に見せかけた、買い物パートナー不適合者なのです

オハヤ
オハヤ

とどのつまり、わたし。ですね

さらに、その先へ

ですが、そんな彼らだからこそ得られるものがあります

それが、時間であり思考、感性。

そして、すべてを超越する何か

 

そう。悟りです

彼らは、悟っているのです

究極の2択という死線をこえ

(越えられてないんですけどね。間違った結果、そこにいますからね。)

真理を体得するわけです

 

さあ、時間の浪費を怖がらず、買い物に出かけましょう!!

ブログが1記事書けたかもしれない?そんな小さなことはいいんです!!

その先の、『わたし。悟りましたわ』を求めて!!

 

おわり!!

タイトルとURLをコピーしました