保険のプロ(FP)の父親と積立保険についてバトルしてきたよ☆

ボケて記事

こんにちは、オハヤです!!

わたしの父親が保険営業マン。しかも1級FP(ファイナンシャルプランナー)でして

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。個々人や家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画を提案、アドバイスを行い、その実行をサポートします。そのため、FPはお金の面から家計の改善を図る「家計のホームドクター®」とも呼ばれています。

出典:日本FP協会

せっかく身内に保険のプロがいるので、今の積立保険について聞きたい(解約していいか確認したい)

と思い、話をききに行きました

今、自身の保険についてどうしようか悩んでいる方の参考になればと思います。

結論だけ知りたい方は『結論』に飛んでください!

それでは、どうぞ!!

スポンサーリンク

説明を受けたよ☆

わたしの父は、主に経営者。いわゆる社長と呼ばれる方を相手にしています

日本社会では、社長と呼ばれる方たちでも、投資についてはあまり詳しくないそうで

そういう方たちに向けて、ときおり積立保険の講義をしているそうです

わたしもその講義受けてきました

積立保険の基本的な部分。株式投資の利回りやら、銀行と金利やら、うんたらかんたら

どうかな。

40分くらいパワーポイントで説明を受けてたと思います

でもね

わたしだって基本的なところは、勉強してきたよ?FPの父親と積立保険について話そうって言ってんのよ?そりゃ、知識武装もしてますよ。つって

思ってました

本当なら、最終的な結論から話を進めていきたい

でも、父親の話だもの。すごくまじめな顔してフムフムしてました

まぁ、開始5分で眠くなってきましたよね

なので、チラッと。

「まぁ、投資のイロハはだいたい分かったんだけどね。積立保険の必要性はどうかな」

なんてメインディッシュを要求してみるものの

『ここは、基礎だから。この流れで聞くとわかりやすいんだわ』

といって、前菜から提供する父親。まぁまぁな、頑なさ

めげずに何度かチャチャ入れてみるものの、まぁ動じない。

ちょうど妹もいたので、目配せして合図おくりました(サクッとメインに行きたいんだわ、アシストしてほしい)

したらね、妹もうなずくわけで

(オーケー、オーケー。任せてよ、お兄ちゃん。)なんつって。おい、イケメンか?

でね、妹は言うんですよ

熱弁する父親の手前にあるPCを指さしながら

『このグラフ凄いね、わかりやすい!あと、文字が浮き出てくる機能も凄い!わかりやすいね!!』

そ・う・じ・ゃ・な・い

何やってんのよ。と

かまどに薪をくべるんじゃないよ。ほら、盛り上がってきちゃったじゃん

一生懸命、餅をつく父親。いい感じに合いの手を入れる妹。容赦なく水をぶちこむ私。

ちょっとした、餅つき大会

わたしの健闘むなしく、しっかりと説明をうけました

メインを食べる前に満腹なんだわ

結論

結論は、積立nisaをするのは問題ない。むしろしたほうがいい。とのことでした

ですので、『積立型生命保険を解約』⇒『掛捨て生命保険+積立nisa』に切り替えます

ただ、わたしの場合はドル建て保険に2015年あたりから入っており、今解約すると元本割れするとのこと。正直、当時は結婚もしてなかったですし、高い手数料+生命保険料をかけて積立保険に入る必要もなかったかなと、今なら思います。

(※『積立nisa』の制度が2018年からなので、その前から積み立ててたという事ですね。積立nisaが無かった当時の選択としては、銀行に眠らせておくぐらいなら、まぁアリかなと)

解約しても保険で積立てたお金はそのまま運用できるそうなので、もう少し運用して円安の時に売却するのがいいということです

ただ、話していて思ったことは

保険のプロはあくまでも”保険”のプロであり、

必ずしも資産運用である”投資”のプロではないみたいです(わたしも全然詳しくありませんが)

そのため、保険業者の方は本当にいいと思っておススメしてくれるものの、それが最善の選択かどうかはわかりません

そのため、ある程度は自分で勉強していくことが必要です

大変ですが、将来の自分のために頑張りましょう!!

おわり!!

タイトルとURLをコピーしました