【失敗談あり】オーディブルでビジネス書を聴いてみた感想

オーディオブック

みなさんはオーディブル(Audible)をご存じでしょうか?

Amazonが運営している『聴く読書』サービスです。

『初回無料キャンペーンで本を1冊貰える』で有名なアレですね。

 

もともと私は紙派であり

電子書籍ですら躊躇するような、アナログ人間でした。

 

しかし、会社の通勤時間が片道1時間になったことをきっかけに、運転時間を有効に使える方法を探したところ

『聴く読書』が良いらしいぞ!

という情報をゲットしたので、早速オーディブルを試してみました。

 

使用した感想は

めちゃくちゃ良かった

 

時間の無駄だった通勤時間が、いっきに有意義な時間になりましたね。

 

という事で、この記事では

『オーディブルいいぞ!』

という感想を前のめりでお伝えしつつ

『あ、でも。ここはちょっと失敗したかもな』

といった注意点をご紹介します。

 

『聴く読書』ってどうなのさ?と疑問に思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

オーディブル(Audible)公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

オーディブルとは?

オーディブルとは『本の朗読アプリ』です。

『聴く読書』と呼ばれるサービスですね。

 

本のジャンルは幅広く

・ビジネス書
・ライトノベル
・小説
・語学書

と、バランス良く作品がそろっています。

 

作品数も日本語対応の本が約1万8千冊。

英語の作品も含めると約40万冊以上の作品が選べます。

 

話題の本も数多く揃っているので、

『前から気になってたんだよね!』

という本も見つかると思いますよ!

 

早速、ビジネス書をゲット

オーディブルは初回キャンペーンで本が1冊無料貰えます。

 

私は

『営業の魔法』

という本を選びました。

 

入社以来契約が一件も取れない新人営業マン小笠原は、時間つぶしに入り浸る喫茶店で「魔法のように」契約をまとめる紙谷と名乗る人物に出会う。仕事と人生に行き詰まっている小笠原は、思わず彼に声を掛ける。

「紙谷さん。教えてください。営業を!」

それから毎週月曜日、6時から1時間だけの早朝レッスンが始まる。

「小笠原さんは、売れる営業のテクニックを学びたい・・・そう私にいいました。しかし、私は営業の素晴らしさしか教えられないといったことを覚えていますか」

「はい。でも、絶対テクニックはあるはずです。僕はそう信じています」

「そうですか。確かにテクニックはあるかもしれません。しかし、それは売るテクニックではなくて営業の基本かもしれません。いや、コミュニケーションの基本と言うべきかも……。つまり、人と人が接する時のマナーでもあるのです」

「こういう人を演じるということですね」

「演じるのではなく、こういう人であるべきだということです。これは人間力です」

「人間力・・・?」

「そうです営業という職業は、誰にでもできるものではありません。人としてのマナーをしっかりもっているかどうかなんです」

次々に紙谷が誘い込み、繰り出される会話の中に、営業の現場で、人生の場面で必要となる実践テクニックが、小笠原に気付きを与えていく。

「売らない営業」「既成概念を破るヒント」「応酬話法」「二者択一話法」「イエス・バット話法」「質問話法」「類推話法(ストーリー話法)」「推定承諾話法」「肯定暗示法」「ビジョンから目をそらさないこと。身を投げ出す勇気を持って歩くこと」

きっとあなたは「真のポジティブ・シンキング」=明確なビジョンを持ち、断固たる勇気を持って行動する働き人に生まれ変わっているはずだ。

出典:オーディブル(Audible)公式サイト

 

いや、もう。

大満足の本でした。

 

多くの人は、売れる営業マンを

『商品を売る技術が高い人』

だと思っていますが、本当に売れる営業マンは

『商品を売らない営業マン』

なんです。

『商品を売るのではなく、お客様の良き相談相手になる。お客様の悩みを解決する手助けが出来る』

それがトップ営業マンなのです。

 

この内容を知ったとき、目から鱗がボタボタ落ちました。

 

この本を読んで、

人は商品を買うのではなく『自分の悩みを解決するためにお金を払う』

のだと気が付きました。

また、

 

「この人から買いたい。」

「この人から買えば安心だ。」

 

この様な信頼関係が一番大切。

 

『人に好かれる人』=『人間力』

それが学べる1冊です。

 

オーディブルでビジネス書を聴いた感想

率直な感想は

通勤時間が楽しい!

 

今までは、ただボーと運転をするか音楽をかけているだけだったんですが

オーディブルを使う事で、運転中も”新たな知識の習得”や”新たな発見”をすることが出来ます。

 

なかなか気が乗らないビジネス書でも、オーディブルなら気軽に聴くことが出来るので

『気になる本あるけど、読む気が起きないんだよなー』

といった人にオススメです。

 

私が貰った本は会話をするシーンが多いのですが、シーンに合わせて音楽や声優が変わるので、本当に隣で会話しているみたいな臨場感があります。

 

ナレーションが上手くスッと言葉が入ってくるので、読書が苦手な人でも本を楽しく聴くことが出来ると思います。

 

オーディブルのメリット

オーディブルを使っている中で感じたメリットをご紹介します。

メリットは以下の通り。

・登場人物によって声が変わるので理解しやすい
・再生速度を変更できる
・オフラインでも利用できる
・声優さんが豪華

 

登場人物によって声が変わるので理解しやすい

本の中で複数人の登場人物がいる場合、それぞれナレーターの人が違います。

※中には、1人で複数人を演じる本もあります。

 

それぞれ登場人物のイメージに合った声でナレーションされているので、違和感なく本の世界に入ることが出来ます。

 

再生速度を変更できる

はじめてオーディブルを使ったとき

ちょっと話すスピードが遅いな

と感じました。

 

しかし、オーディブルでは『再生速度』を変更することが出来ます

再生速度は

・0.5x~3.50xで変更可能。
・0.05xごとに設定を変えれる 

と、かなり細かく設定することが出来ます。

 

自分の好みの速度に設定できるので、ストレスなく聴けるスピードにすることが出来ますよ。

ひよこさん
ひよこさん

再生速度が自由に選べるから、外国語のリスニング練習にも役立ちそうだね。

オフラインでも利用できる

オーディブルは一度本をダウンロードしてしまえば、あとはオフラインでも利用できます。

通信量を使用しないので

長時間聴いていても、速度制限にかかりません。

 

この点は、YouTubeなど他のサービスと比較して、すごく大きなメリットだなと思います。

 

声優さんが豪華

オーディブルでは、有名な俳優・タレントさんがナレーションを担当しています。

 

一部紹介しますね。 

『犬にきいてみろ』池井戸潤
大久保佳代子『コンビニ人間』村田沙耶香
真木よう子『ホテルローヤル』桜木紫乃
上白石萌音『君の名は。』加納新太・新海誠
松井玲奈『ファーストラヴ』島本理生
高良健吾『泣きたくなるような青空』吉田修一
城田優『新宿鮫』大沢在昌
堤真一『火花』又吉直樹
松坂桃李『サラバ!』西加奈子
和牛『セトウツミ』此本和津也

私も少し聴いてみましたが、皆さんさすがの演技力で圧倒されました。

好きな芸能人を見つけて、作品を聴いてみても面白いと思いますよ。

 

ひよこさん
ひよこさん

すごく豪華だね。

 

オーディブルのデメリット

続いてデメリットを紹介します。

デメリットは以下の通りです。

・他の作業中はメモれない
・どんどん言葉が流れていく

 

他の作業中はメモれない

はい、これ。

ビジネス書を聴き流したい人は、注意が必要です。

 

運転中やランニングなど、他の作業をしている場合はメモれません。

これは結構、致命的

 

本を聴いている中で、重要なポイントや、心に響いた言葉をメモしたい人もいると思います。

そんな時、本での読書中ならスマホや紙にメモできるかもしれませんが

オーディブルはスマホで聴き流しているし、他の作業中だしでなかなかメモが取れないかなと思います。

 

私はビジネス書で印象に残った言葉をメモしておきたい人間なので

『紙で買えばよかったかなーー』

と思いました。

 

どんどん言葉が流れてく

紙なら自分のペースで読むことが出来ますが、オーディブルだと言葉が流れてしまいます。

 

理解しにくい内容の場合、自分の思考を整理する時間が取れないので

その都度一時停止するか、再生する必要があります。

 

内容の難しい本や、勉強用として使うのは難しいかなと思います。

 

オーディブルでビジネス書はありか?

オーディブルでビジネス書はありだと思います。

 

というのも、

ビジネス書って結構読むの大変じゃないですか。

超有名な名著『7つの習慣』とか、読み終わるまでに3回くらい心折れましたね。

 

そういう読むのが大変なものについては、オーディブルで聴き流しもアリだと思います。

で、何となく内容を把握してから本を読むと、さらに理解が深まるんじゃないかな。

とか思っています。

 

まとめ|無料で試してみる価値はある

という事で、オーディブルでビジネス書を聴き流してみた感想をご紹介しました。

 

正直今回の『営業の魔法』という本は、そもそもが読みやすい本だったので

オーディブルで聴く必要は無かったかな

と思っています。

 

どうせ聴き流すなら、『7つの習慣』のような読みにくい本にしておけば良かったです。

 

ただ、オーディブルは非常に使い勝手が良く

スキマ時間を有効に使いたい人には、本当にオススメできるサービスだなと思います。

 

最初の1冊は無料で貰えるので、興味ある方はぜひ試してみてください。

オーディブルの『登録・解約』、『登録時の注意点』については下の記事が参考になります。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。

皆さんが、素敵な本と出合えることを願っています!

\好きな本が1冊もらえる/

 

タイトルとURLをコピーしました